Devotion

あなたの80歳の誕生日をお祝いして、このCDを、あなたに捧げます。

あなたは私にとって、ウスタード・ビスミッラ・カーンのように最も伝説的な人です。
私は常に、あなたやウスタード・ビスミッラ・カーンのように誠実で飾り気がなく、謙虚で献身的な人になりたいと思ってきました。

私が子供の時、あなたに初めて会ったのは、マハーラシュトラ州出身の有名な歌手、ヒラバイ・バドデカルの
60周年を祝うコンサートの前でした。あなたは、そのコンサートの時に始めて私の演奏を聞きました。
それから1963年のサワイガンダルヴァ音楽祭で私の演奏をアレンジしました。
私は演奏が終わった後の、あなたや尊敬するガングバイ・ハンガル、ヒラバイ・バドデカルや父マハラジの喜んだ顔をとてもよく覚えています。
あなたは演奏を称え、小さな私を自分の肩に乗せて、野外会場の拍手喝采の人だかりの中を練り歩きました。
そのコンサートとあの光景は、何年経った今でもとても鮮明に私の記憶に残っています。

もう1つの鮮明な記憶は、私が子供の頃にプネーのコンサートで行われたあなたと、パンディット・バサントロ・デシュパンデの二人の
デュエットです。これは1970年代の最も素晴らしいデュエットの1つでした。

私は1963年から1976年の間、パンディット・ラヴィ・シャンカールとアンナプルナデヴィの元で学んでいましたが、
いつもあなたと連絡を取っていましたし、あなただけでなく、あなたの家族からも祝福され、愛されていました。

私がプロの演奏家になった後、1980年のヒラバイ・バドデカルの75歳の誕生日に、再び彼女のメッセージにより、
また私は頻繁にあなたに会うようになりました。彼女は私の支持者で、いつも私を指導してくれました。
彼女は、あなたが彼女に取って代わる存在になるだろうと話していました。

プネー大学のキャンパスにミュージックアカデミーを作ることがあなたの願いでした。あなたは、この不可能に近い任務を、
私に託しました。1983年に、先ず私は大学にMUDRAという音楽と演劇の芸術サークルを作ることから始めました。
あなたは1983年にそこで最初の演奏をして、心の底から私を支持してくれました。私は、ムンバイにいる師パンディット・ラヴィ・シャンカールの
側にいる務めがあって、出席することはできませんでしたが、幸先の良いスタートを記念してラーガ・マルワが演奏されたことや、
あなたの親友である巨匠Dr.バサントロ・デシュパンデの突然の死によって演奏が中断されたことなどを、会場にいた多くの人々から
聞きました。

MUDRAは大成功で、知性的な大学教授たちは全員、この活動に心を惹かれました。この成功が、あなたの望みに向かって少しずつ
前進する弾みになりました。私は、音楽を含めた文化的な活動をもっと大学内に取り入れることができるように、大学における
科学的領域や学問的垣根を打ち破る努力を熱心に続けました。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">