Inspiration

崇敬するお母さん

私は1963年にパブロワで偉大な女性歌手のSmt.ヒラバイ・バドデカルにより、
あなたとパンディットラビシャンカールに紹介されました。
ガンダ・バンダンの前で、グルジーはあなたのために演奏するように仰いました。私は8歳でした。
私は何を演奏したのか覚えていませんが、あなたがとても喜んだのを覚えています。
この黄金の瞬間が、母親のいない子供の人生を、崇高な音楽と厳格な鍛錬と母親の愛情に満ちた人生に
変えたのでした。
その歳でさえ、私はマイハール流派の旗を背負って、ウスタッド・アリアクバルカーン、
パンディット・ラヴィ・シャンカール、パンディット・パナラル・ゴーシュ、あなたや
その他の人々のように偉大で伝説的なマイハール流派の信奉者たちの名前を掲げる
責任を感じていました。その瞬間から私が演奏するときはいつも、どんな音を聞いても、全ての私のグルや
私をあなたに会わせてくれた父のことを思い出します。

若手のアーティストとして1976年にキャリアをスタートさせてから25年以上が経ち、
最愛の母としての、また伝統に則った先生としての厳しさの有難さが。今になって身にしみます。
私は1963年から14年間、あなたの指導を受けました。私の人生においてこれらの黄金時代は、
永遠に私の励みになります。

2001年の初めに、私はマイハールを訪れ、演奏する機会を得ました。これはババが生きていた当時からずっと
何年もの間、私の願いでした。当時あなたは、私が単にマイハールを訪れるのではなく、
アーティストとして招待されて、演奏しに行くことになるだろうと、言いました。
あなたの言葉は実現し、私はダネーシュお爺さんに音楽を通して、私の感情を示しました。
彼の名前でコンサートが開催されました。彼は私があなたのもとで学んでいたときにとても可愛がってくれました。
私は、ババとアンマの墓を弔いました。その場所が
心地よい雰囲気と高い精神性で満ちていることに深く感動しました。
2001年末、私はカリフォルニアでウスタッド・アリアクバルカーンサヒブに会いました。
私は彼が80歳になっても、とても健康で、まだ演奏し、力強く教えていることを知ってとても幸せでした。
私たちは、子供の時にあなたと一緒にいた昔の日々について語りました。
これらの訪問によって、私は自分の気持ちを、インスピレーション(黄金期)というタイトルのCDにして
あなたに伝えたくなったのです。
2002年の4月で、あなたは75歳を、カーンサヒブは80歳を迎えます。
私は今回の機会に、このインスピレーションという音楽を、1963年からずっと愛情を込めて、お母さん、伯父さんと呼ぶ
マイハール流派の偉大な柱である二人の足元に捧げます。

敬具
チャンドラカント・サラデシュムク
2002年4月

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">