Articles by Michiko

You are currently browsing Michiko’s articles.

 シタール奏者のラヴィ・シャンカールさんが、昨年12月11日にアメリカのサンディエゴで死去されました。92歳でした。パンディット・ディと呼ばれたラヴィ・シャンカール氏の死は、世界中のファンを悲しませました。Dr.チャンドラカント・サラデシュムクは、ラヴィ・シャンカール氏から息子のように可愛がられた弟子でした。 

 パンディット・ラヴィ・シャンカールとDr.チャンドラカント・サラデシュムクとの熱いつながりについて、インドDNA通信のシャイレンドラ・パランジベ記者が記事を掲載しています。ここに、その一部を照会させていただきます。

 

  「ラヴィ・シャンカールにとってチャンドゥは、弟子以上だった」

     シャイレンドラ・パランジベ記者

  故チャンドラカント・サラデシュムクはプネのシタール奏者で、8歳の年にラヴィ・シャンカールの弟子(Gandaband Shagird)になった。ラヴィ・シャンカールは、彼をチャンドゥと呼び、わが子のようにかわいがった。 チャンドラカントの姉スダ・アクルジュカルは、自分の家族とシャンカールとの関係をこう語っている。 「ラヴィ・シャンカールはヒラバイ・バロデカール(女性歌手、1905−89)を高く尊敬していて、わが家に出入りしていたヒラバイが、私の弟、チャンドラカントをラヴィ・シャンカールに紹介したのです。ラヴィ・シャンカールは弟の演奏を聴き、8歳で弟子にしたのです」  

 チャンドラカントは、この年に高名なサワイ・ガンドハルワ音楽祭で演奏して、ビムセン・ジャーシー(歌手、1922−2011)、ガングバイ・ガンガル(女性歌手、1913−21)らに賛美された。少年チャンドゥは、父に連れられ、ラヴィ・シャンカールの所へ行くのに、デカン・クイーン急行列車で通った。3、4年学んだ後、ラヴィ・シャンカールがアメリカへ立ち、Dr.チャンドラカントを妻のアンナプルナデヴィのもとで教え続けさせた。チャンドラカントは彼女のもとで12年間学んだのである。何年もの間、ラヴィ・シャンカールがインドでコンサートをする間は、彼が手伝った。

 そして、ラヴィ・シャンカールは60歳、70歳、80歳の誕生の会にチャンドラカントを招待している。 チャンドラカントは夫人とともに日本に住んでいた。彼が交通事故でなくなった事は、ラヴィ・シャンカールには、耐えられなかった。ラヴィ・シャンカール夫人はチャンドラカントの家族に、ラヴィ・シャンカールが一日中、彼のことを思い出していたと語っている。

Dr.チャンドラカント・サラデシュムクの父であるサラデシュムク・マハラジは、インド伝統芸術、科学、文化などを多くの弟子に教え導くことにその生涯を捧げました。マハラジのヴィジョンである

インド伝統文化の継承のため、2008年Dr.チャンドラカントとDr.プージャが、奨学金制度を創設いたしました。インド伝統音楽に専心している若手の有望な音楽家に、毎年奨学金を授与してきました。

 2012年12月23日(日)18時より、インドマハラシュトラ州プネ市ダムレ・ホールで、第5回シュリ・サラデシュムク・マハラジ奨学金授与式が行われました。今年度は、シタール奏者のニディ・

チトゥカリヤさんに贈られました。彼女はバナシュリ大学でシタールを学び、現在はDr.ラギニ・トリヴェディのお弟子さんのDr.サントーシュ・パタックの指導の下、博士号取得の勉強中の方です。この授与式は、新聞で紹介されました。

  レポートを見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    チャンドラカント博士のシタール音源による
    グループ・ミュージック・セラピー
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

モーニングセッション
★10:00~11:30★

第157回12月 2日(日) Dec.  2 Sun.

イブニングセッション
★19:00~20:30★
第156回11月20日(火) Nov. 20 Tue.

第158回12月17日(月) Dec. 17 Mon.

体験料 : 5,000円
18歳以下の方・心身に障害をお持ちの方は、3,000円

各回会場 :大崎第二地域センター 第三集会室
JR山手線、りんかい線 大崎駅徒歩3分
会場地図:
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000024400/toho.ver.pdf

 

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    シタール・ワークショップ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

日程  Date :  12月15日(土) Dec. 15 Sat.  

時間 Time :   9:00~12:00

場所 Venue :   荏原第5区民集会所

品川区二葉1-1-2 

東急大井町線 下神明駅徒歩2分

参加費 Amount : 無料

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
          忘  年  会

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インド料理やスナックなどをご用意いたしております。

皆様、お誘い合わせの上、お越しくださいませ。

日程  Date :  12月15日(土) Dec. 15 Sat.

時間 Time :    12:30~14:00

場所 Venue :   あゆサロン Ayu Salon

参加費 fee :     1,000円

パンディジのシタールによる音楽療法を受け続けて10年以上が経った。音楽療法は人それぞれ、どのように感じたのか、どのような体験をしたのか、まるで違っていて、とても一言では言えるものではない。私の場合は、どんどん自分と思っていたものが削ぎ落とされ、何にもなくなるかもしれないと思った時があった。すると、体の中から湧き出しくるエネルギーを感じた。オリジナルな自分が出てきた。「自分は強い!! こんなに私は強かったのだ」。そのような自分を大好きになった。

私は若い時に母を亡くした。この悲しみを始めての音楽療法で再体験したが、その後、もう二度とこの悲しみの体験を音楽療法ですることはなかった。音楽療法は、ショックがあった時点にその人をもう一度戻し、必要なプログラムを組み、その時点から再構築していくものであった。

ある日、プージャさんの友人のお子さんが音楽療法を受けたことがあった。人懐っこい性格で、明るく元気な大学生だった。その方の始めての音楽療法では、祖母が亡くなった時のことを思い出し、泣いた。私は、こんなに若く、楽しそうに生きている方でも悲しみを体験していて、悲しみが体の中に残っているのに驚いた。

その頃の私は、もっと若い時に受けていたら、人生が違ったものになっていたのではないかと思うようになっていった。産まれたその瞬間から、人生が楽しいものだと思えたらどんなにいいだろうか。その思いから、妊娠中の母や幼い子供の音楽療法に力を注ぐようになった。

 

音楽療法についての詳細は以下のURLからご覧いただけます。http://chandrakant.jp/?page_id=22

パンディジはいつも人を笑わせていて、彼の周りはいつも楽しい雰囲気が漂っていた。私が、会社の研修の一環で笑顔訓練があったことをパンディジやダルシャナムのメンバーに話したことがあった。その訓練は、口に割り箸を水平にはさむ。そして、「ウイスキー」と声を出して言ってみる。始めのうちは、割り箸より口角が下がってしまうので、口角を上がるまで何度も練習をする。口角を上げることによって笑っている顔が強調される。口角が下がっていたら笑顔になっていないのである。そこで、メンバー全員で割り箸を口に挟み、「ウイスキー」と言って笑顔の練習をした。

 

その時は、パンディジは「フムフム」と言った感じで笑いながら見ていた。普通の人ならこれで終わりである。ところがパンディジは次の日、私が彼の家に行くと、私の顔を見るやいなや、前日の私の笑顔訓練の顔を真似した。あまりのおもしろさに笑い出してしまった。なんと、これが、毎日続いた。普通の人はだんだん面白くなくなり、あー、またやっている、もう、面白くないからやめたら、と思うのだが、パンディジのこの作り笑顔は、面白さをぐんぐん増し、だんだんと芸のようにまでなっていった。

 

5月のゴールデンウィークにこの笑顔訓練を受けたのだから、7月にオーストラリアへ旅発つまで、ほとんど毎日2,3ヶ月は私が家へ行くと笑顔を作って私を笑わせた。ダルシャナムの代表のプージャさんと仕事の打ち合わせをしている時にも、同じように笑顔を作るので、私は笑いが止められず、仕事の打ち合わせができなくってしまうことがよくあった。もうさすがに今日はやらないだろうと思った瞬間、まるで私の心がわかったかのように、その瞬間に笑顔を真似するのだった。

 

オーストラリアへ旅発つ前の日に、顔面芸を見たのが今生の別れとなってしまった。私に強烈な残像を残して、旅発って逝った。そういえば、私とパンディジとプージャさんと始めて3人で、パンディジの家で食事をした時も、私を思いっきり笑わせたので、お腹が痛くなってしまった。普通の「あはは」などという面白さではなく、お腹を抱えて笑って、しまいにはお腹が痛くなってしまうのである。パンディジとの出会った日も、思いっきり笑い、最後となってしまった日も、また、笑い、これほどまでに、私を笑わせてくれた人は外にいない。

 

« Older entries